習志野地名発祥の地

明治天皇駐蹕(ちゅうひつ)之処の碑 碑文:
『習志野原は千葉県千葉郡にある。そこは広々として果てしない野原で、小金原に 連なり、もともと特に地名を持っていなかった。
明治六年四月二十九日、明治天皇は近衛兵を率いてこの地に自ら臨んで露営をした。風雨にさらされながら演武を総督して、地形が軍事演習に大変適していると判断した。五月十三日、天皇は、習志野原と名付けて、今後永く陸軍操練場に用いることを定めた。このように習志野原の名称ははっきりしている。』

注)小金原(あるいは大和田原)は、江戸時代には、幕府の牧(馬の放牧場)であった。

碑は後に明治天皇の幕舎跡(現在の習志野台4丁目のみゆき町会館付近)に建てられたが、現在は船橋市郷土資料館敷地内に移転されている。
千葉県船橋市薬円台4-25-19

習志野の名の由来
篠原国幹(くにもと)の名から取ったとの説がある。
小金原(あるいは大和田原)陸軍(近衛兵)大演習の際、爆風雨の中、見事な指揮を取った篠原国幹(くにもと)の名からとったという説。
明治6年征韓論に敗れた西郷隆盛とともに鹿児島へ帰郷し、西南戦争で戦死。

鹿児島県城山 西郷隆盛銅像
明治6年4月29日~5月1日の小金原(あるいは大和田原)陸軍(近衛兵)大演習には、西郷隆盛もこの地に来ている。(その後、征韓論に敗れ、下野。)
鹿児島の城山(西郷隆盛が西南戦争で敗れ自決した場所)の前に立っている、軍服姿の西郷隆盛銅像は、この陸軍(近衛兵)大演習の際に着ていた軍服を元に作られた。
鹿児島市出身の彫刻家で渋谷の「忠犬ハチ公」の制作者・安藤照により作られた、わが国初の陸軍大将の制服姿の銅像。